2018年3月19日月曜日

【開催レポート】3/17(土)富山県移住者交流会

富山県の移住定住促進事業を行なう、「くらしたい国、富山」推進本部では、年に一度移住者交流会を開催しています。
富山県に移住してこられた方々をお招きして、富山のおいしいものを食べながら移住者同士の交流を深めていただく会です。
今年度は70名ほどの移住された方々にお集まりいただきました。

石井富山県知事によるご挨拶と乾杯で会の始まりです。
乾杯!

テーブルには、富山県産食材をふんだんに使ったお料理が並びました。
 自家製鱒寿司
白海老バーガー
甘海老と黒カジキの昆布〆
みなさんそれぞれ、お皿に盛り付けたり写真を撮って楽しんでいました。
富山の地酒も!
富山湾鮮魚のアクアパッツァ
白海老のコンソメジュレ
今が旬のホタルイカ!
デザートも色とりどりに並びます。
お食事を取りに来たところで会話が生まれたり、会場は大変盛り上がっていました。

その後、参加者の中から何組かの方に自己紹介をしていただきました。
南砺市(なんとし)の倉谷さんご夫妻。ご主人は、ファシリテーションやコーチングを通して場づくりやまちづくりに取り組んでいます。奥様は南砺市の病院勤務。とてもいい環境で働けているとおっしゃっていました。
小矢部市(おやべし)地域おこし協力隊の元井さん。「富山にもっとエンターテインメントを楽しめる場所を増やしたい!」と熱い思いを語ってくださいました。
砺波市(となみし)の野水さん。地域おこし協力隊として活動していましたが、任期終了後も砺波市に残って、空き家対策のNPO法人設立に向けて動き出しているところです。
氷見市(ひみし)IJU応援センター「みらいエンジン」の西田さん(左)と大坪さん(右)。氷見市の移住相談窓口としてとても心強い存在です。
富山市の田辺さん。まちなかで「HOTORI×ほとり座」というイベントスペース&シネマカフェを運営しています。これからの未来を担う若い世代の人々と関わりあいながら、魅力的なまちづくりを目指して活動されています。

様々な分野で活躍されているみなさんにご登壇いただき、それぞれにとても興味深いお話を聞かせていただきました。

石井富山県知事が席を回って、参加者の方から富山での暮らしについてお話を聞く場面も。
みなさん熱心にお話していました。

お子さまたちは、お絵かきコーナーやお菓子すくいコーナーで楽しんでいた様子。

お子さま連れのご家族や、盛り上げ上手の若い世代の方もたくさんご参加いただき、にぎやかで楽しい会となりました。
中締めが終わっても残っておしゃべりを楽しんでいる様子も見られ、参加したみなさまにとっても充実した時間だったのではないかと思います。
ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

0 件のコメント:

コメントを投稿