2018年2月9日金曜日

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」2日目後半

小矢部市(おやべし)の「薄氷本舗 五郎丸屋」を出発し、続いては砺波市(となみし)の昼食会場へと向かいます。
1日目と同様、朝からの吹雪はやみ、快晴に!雪景色の砺波市は絶景。
家と家の距離が離れている散居村の景色が広がる砺波平野では、雪が降ると田んぼは一面雪のじゅうたんに。美しいです。
田んぼ脇の道を歩いていくとたどり着いたのが、2日目の昼食会場「農家レストラン大門(おおかど)」。
立派な“アズマダチ”の伝統家屋を利用して、砺波に古くから伝わる伝承料理を提供してくれます。
砺波市では手延べでつくられた丸髷型の「大門素麺」も有名。職人さんが一つ一つ丁寧につくりあげたこの素麺もいただくことができます。

「仕事・暮らし」「住宅・暮らし」「移動・暮らし」という3つのテーマに分かれてお食事しました。
砺波市に移住されたご家族や、地域おこし協力隊の方、市の職員の方、ハローワークの方、などなどが参加者からの質問に答えてくれます。
私が座った「仕事・暮らし」のテーブルでは、ハローワークの方、市の職員の方が砺波市では製造業が盛んなことや、有効求人倍率が高いこと、そして働き方、通勤についてなど、具体的な仕事の話をしてくれました。
今後開催予定の合同企業説明会のご案内もしていただき、早速、参加しようと思うという声も聞かれました。
お食事は、砺波のごちそうが盛りだくさん!
丸山(がんもどき)、いとこ煮、ゆべす(溶き卵の寒天寄せ)、干しずいき(里芋の茎)の白和え、よごし(菜っ葉の味噌和え)、大門素麺…
すべて、女将の境さんをはじめ、地元の方の手作り。天然のだししか使わないお料理はどれも素材の味が生きていて絶品です。
女将の境さんから、この伝統家屋についてのご説明をいただきました。
ワクノウチと呼ばれる家の中心となる部屋が、この家にはなんと3つもあるそう。それだけでも大変立派な家だったことがうかがい知れます。

砺波市のくらしの様子を知ることができたところで、最後のイベント、「2日間のふりかえり」です。
参加者のみなさんも、案内側のみなさんも、それぞれこの2日間の感想と一番印象に残ったことを挙げていきました。
参加者のみなさんからは、こんな意見が出ていました。
・単に旅行で来ていたらいけないようなところ、入れないようなところにいけた。
・来る前と来たあとでは印象が変わった。遠い、田舎という印象だったが、心理的に距離が縮まり、まちにもエネルギーを感じた。
・富山県の一部地域だけしか見られなかったので、もっと全体的に色々な地域を見たかった。
・高岡市は伝統工芸が盛んで硬いイメージがあったが、若い人も活躍するアートなまちだと思った。
・移住したい側の参加者と案内側の地元の人がフラットな関係で話せたのがよかった。
・参加者のあいだで、移住に対して同じような悩みを持っているということを知ることができた。
・食べ物がおいしかった!
案内側のみなさんからは、こんな意見が出ていました。
・自分も移住してきたが、直感で決めた。他のまちを見て選んだのではないけれど、ここに住む人、ここの景色がいい、と思ったから来た。色々悩んで決めるのも1つだが、いいと思ったらなにかそこに縁があると思う。
・移住後の移住者同士の付き合いも楽しい。横のつながりを大切にすると、新しい生活も楽しめる。
・富山では、知り合いの知り合いは知り合い。今回のツアーでも知った顔がたくさん。人とのつながりが密。誰か一人と仲良くなれば、どんどん友達が増えていく。
・普段歩かない道を歩いて、新しい発見があった。富山に住んでいても知らないことがたくさん。
・人との縁で移住している人がたくさんいると感じた。
・参加者のみなさん同士でどんどん仲良くなっていくのがいいな、と思った。

今回のとやま移住旅行では、「モノ、マチ、伝統」というテーマに沿って様々な施設を見学し、様々な人々に出会ってきました。
「伝統」は一見、頑固な、古い、といったイメージもありますが、それを大事にしながら、柔軟な思考で現代に受け継いでいこうとする人々やまちのエネルギーを感じることができました。
また、移住相談員としては、移住に向けて動き始めているみなさんの不安や悩みなどリアルな声を聞くことができ、今後もっとサポートを充実していかなければと感じました。

最後には、ツアーの企画を担当しているワールドリー・デザインの明石さんからこんな心強いお言葉が。
「今回、ここで出会ったみなさんとはもう“お友達”です!次回富山に来る際にはぜひ私たちを頼りにしてくださいね。」
ここで会ったのもなにかの縁。またお会いできるのを楽しみに、とやま移住旅行vol.2 第3回目はお開きとなりました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

今年度のとやま移住旅行は次回が最後の開催となります。
【最終回|2/24(土)~2/25(日)】とやま移住旅行vol.2「とやまのうみやま くらし・しごとツアー」
海に関する仕事をしている人々、山里に暮らす人々を訪ねるツアー。主に、県東部をめぐります。
申込締切は2/19(月)までですので、気になった方はぜひお早めにお申込を!

Facebookアルバムページ

とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」1日目前半
とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」1日目後半
とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」2日目前半

0 件のコメント:

コメントを投稿