2018年2月9日金曜日

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」1日目後半

若鶴酒造株式会社を後にし、高岡市山町筋(たかおかしやまちょうすじ)へと向かいます。
ここではテーマ別に3組に分かれてまちなかを散策していきます。
私が参加したのは、「まちなかリノベ物件&人めぐりツアー」。案内人は、建築士で大菅商店店主の大菅洋介さん。ご自身は朝日町出身で、奥様のご実家がある高岡市にUターンしてきました。
さらに、町家体験ゲストハウス「ほんまちの家」管理人の加納亮介さんも案内人として参加してくださいました。加納さんは、千葉県出身。大学の研究活動で高岡の地域と関わるうちに、ゲストハウス管理人として高岡市に移り住むことに決めたそう。
そんなお二人のガイドでまち歩きのスタートです!
午前中は吹雪いてあいにくの天気でしたが、まち歩きの最中は奇跡的に晴れました!
まずはお昼を食べに向かいます。
歩いていく道中でも、リノベ物件にたくさん巡り合いました。
モノづくりの楽しさを知り、体験できる複合施設「はんぶんこ」さん。伝統工芸のワークショップスペースや、ギャラリー・ショップも併設しています。「はん文庫」という名の図書室は、1冊本を持ってきたら2冊貸し出ししてもらえるというユニークなシステムになっています。

こちらは、塩谷ビル。空きビルとなっていたところを、どうやって生かしていこうかという意見交換会をし、現在は1階部分にイタリアンレストランが入り、2フロアが男女別のシェアハウスになっています。
ここ高岡では、“取り壊す”という選択ではなく、“今あるものを生かす”という考えが息づいているのだと改めて実感しました。
ドラえもんトラムも発見!

早速おもしろいまち歩きになってきたところで、お昼をいただく「居酒」さんに到着。
ランチはおそばのメニューが並び、夜にはお刺身なども食べられるとのこと。もともと寿司職人だった店主の好きが高じて蕎麦屋さんになったとか。  
ランチを食べながら、移住したきっかけや、高岡市での暮らしについてお話を聞かせてもらいました。
地元の人からすれば見慣れたありきたりの風景でも、都会から来た人から見ると、新鮮で美しかったりうらやましかったりする。そういうものを残してほしいし、残していきたい、と案内側も参加者の方も大きく共感していました。

ランチのあとは、予定にはなかったけれど、射水神社へ。
ここでもつぎつぎにコネタが出てきます。みなさん、地元に詳しい!
雪に埋もれてかわいいお相撲さん。

その後、案内人の大菅さんが営む、「大菅商店」へ。
高岡市の伝統工芸「菅笠」
“新しい荒物屋”として、厳選された暮らしの道具が並びます。

店の奥は大菅さん一家の住まいとしてリノベーション中。
お子さまの部屋には、なんと蔵があります!
外観も立派。レンガと白壁のコントラストが素敵です。

そして高岡市といえば!の大仏さんに会いに行きました。
青空によく映えます。
観光ではちょっと気付かないような「大仏飲食店街」にも連れて行ってもらいました。
レトロな雰囲気が漂います。

さらに、大菅さんが手がけたリノベ物件を見て回ります。
源色(げんしょく)」さんは、京都で修行し、Uターンしてきたパティシエさんが営む洋菓子屋さん。素敵な空間に、和素材にこだわったケーキや焼き菓子が並びます。

続いては、「Fish Craft Matsumoto」さん。
一瞬、釣具屋さんかな?という雰囲気の店構え。こちらでは、店主の松本さんが魚の剥製を制作する工房兼ギャラリーになっています。
釣り好きの方や、飼っていた魚を剥製にしてほしいという方まで、様々なご要望にお応えしています。昨年末には、ぶりの剥製をお願いされたこともあったそう!大変そうです…
わんちゃんは抱っこしていないと鳴いてしまうらしく、ずっと抱っこして工房を案内してくれました。

まち歩きを終え、「ほんまちの家」へ向かいます。
ここで、ファシリテーター(進行役)に南砺市の倉谷さんを迎え、高岡市周辺でまちづくりに関係している方との対話の時間です。
案内する側と、参加者の方とグループに分かれ、それぞれ「高岡のまち歩きをしてみて感じたこと」というテーマに沿って意見を出し合います。
案内する側のグループでは、他の人と歩いてみることで新たな発見があった、それぞれ視点が違うのでおもしろかった、“よその人”の視点によって、改めて良さに気付けた。などの意見が出ました。
参加者のグループでは、まち歩きの感想から話が膨らみ、自分たちが移住に際して気になっていることを出し合っていました。
その後、席を移動して参加者のグループは案内側のグループの感想に対してさらに意見を書き込み、案内側のグループは参加者のグループから出た質問に答えていきます。
仕事のこと、住まいのこと、生活費のこと。真正面からの質問に、真正面から答えていきました。
移住に対して真剣に考えているからこそ出てくる不安や要望。まだまだ受け入れ側のサポートが追いついていない部分も多く、今後改善していかなければならないことがたくさんあるなと感じました。

白熱したとても有意義な時間を過ごした後、交流会場の山町ヴァレーへ移動。こちらも大菅さんの手によるリノベ物件です。
大菅さんの奥さんに準備していただいた、富山県産食材や器を使ったケータリングで夜の交流会を楽しみました。
ずらっと並ぶごちそう。彩りがきれい!
午前中お邪魔した若鶴酒造さんのお酒も楽しみ、富山の食の豊かさには、参加者の皆さんも大満足の様子でした。(富山県定住コンシェルジュ一条)

Facebookアルバムページ

とやま移住旅行vol.2「とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー」2日目前半

0 件のコメント:

コメントを投稿