2017年11月10日金曜日

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「農+食とやまのさとやま くらし・しごとツアー」2日目

2日目の朝は、あいにくの雨。
村上山荘にて山の幸たっぷりの朝食をいただき、白木峰へ。
案内くださったのは、川波さんと塚原さん。
とやま移住旅行の前の週に直撃した台風で道がふさがれていたのですが、今日のために通れるように手配してくださったとのこと。感謝でいっぱいです。

お二人の車に乗り込み、いざ白木峰へ。
白木峰登山口八合目のあたりまで上がり、景色を堪能。
 山々は紅葉に色づき、とてもきれい。
まるで雲の道。

下る途中、塚原さんが「キノコありましたよ」と一言。
車を降りてよくみてみると…なんと木の上の方にキノコが!
車を運転しながらもキノコに目が行くキノコ採り名人の塚原さん。
数年前はキノコがどっさり取れていたそうですが、今年は少なめ。
森の生態系の中で、多い年・少ない年があり、その中で山の恵みをいただいているということを実感。

白木峰散策のあとは、大長谷ハンターズジビエへ。
昨年11月に開業したばかりのジビエの解体・販売を行っている加工場。

代表の石黒木太郎さん。大長谷に生まれ育ち、数年前に東京からUターン。
大長谷でもイノシシなど超獣害被害が増えてきています。
この施設は、県内で4つ目の解体施設で、猟師が運営する施設としては県内初。
石黒さんの本業は瓦職人。冬には猟師として狩猟を行っていました。
「うちは自分でとったもの、自分が同行したときにとれたもののみを解体しています。大長谷でとれたもの、自分たちですべて行うことを販売価値としています。」
大長谷という土地にこだわり、生業としていらっしゃいます。

こちらの施設は、もともとは郵便局。
ご自身でリフォームし、作りあげたそう。それができたのも、瓦職人をやっていたからこそ。
開業して間もないですが、県内のレストラン、県外の方も買いに来てくださるほど。今年の猟期ももうすぐ始まりますが、すでに予約さえている方もいるとか。
解体の仕方次第で味が変わるので、石黒さんはとにかく丁寧に、徹底的に処理をし、美味しい肉を販売することを大切にされています。

大長谷を後にし、八尾町へ。
「越中おわら風の盆」で知られた情緒ある街並みを、3人の地域おこし協力隊の方々とめぐります。(左から藤田さん、高橋さん、高地さん)

私は、富山市やまだ村地域で活動されている藤田さんとご一緒しました。
山元食道」でランチをしながらご自身の移住の経緯、今の暮らしについてお話しくださいました。
「ここに来たのは偶然です。興味のある地域おこし協力隊の募集があったから。移住先を探していたとき、中山間地は考えていなかったので、今、ここで暮らしているのは驚きです。でも、ここでの暮らしは楽しいです。地域の方との関わりも良好ですし、仕事も楽しい。今関わっているリンゴ栽培は隊員任期後も続けていきたいと思っています。」
協力隊の活動の中で偶然であったリンゴ栽培に目覚めたそう。やまだ村での生活を楽しそうにお話くださいました。

「山元食道」の店主山本さんも同席くださいました。

こちらのお店は、明治期と昭和期のに建てられた物件。空き家になっていたものを活用したいと現在のお店を作られました。
山元さんの本職は塗装屋さん。お店の壁も地元の名産の八尾和紙と漆と漆喰を使い塗装。
落ち着いた内装。ところどころ和紙の質感が感じられます。
山元さんは八尾生まれ八尾育ち。「ご近所付き合いが苦手でなければ田舎暮らしは大丈夫。おわらをきっかけに移住した人もいますよ」と山元さん。

2日間のまとめを行うのは、「越中八尾ベースOYATSU」。
女将の原井紗友里さん。
数年前にUターンし、明治期の住宅を改装してゲストハウス兼カフェ「越中八尾ベースOYATSU」をオープン。

参加者からは、「移住は人とのご縁が大切だと感じた」「ジビエの加工所での話に感動した。ハンターに興味をもった」など感想がありました。中には、今回訪れ場所にもう一度足を運ぼうと思うという方も。
協力隊の方々からは、「移住したら地域の方に頼ることが大切」「移住の成功・失敗は気にせずにとりあえず動いてみたら良い」とご自身の経験から感じたことをお話しくださいました。
今回は、里山での暮らしを体感しました。自然に囲まれて暮らす、農畜産業に関わり、命と向き合いながら暮らす方々の話を聞き、「命をいただく」ということ、「自然とともに生きている」ということを実感できました。(富山県定住コンシェルジュ大村)

Facebookアルバムページ
【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「農+食とやまのさとやま くらし・しごとツアー」1日目

とやま移住旅行第3回目、4回目の開催は2月。
「富山は雪が多いの?」「冬の暮らしは想像できない」といった声を相談会で聞きます。この機会にぜひ冬の富山を体験してみませんか。
参加者募集中!詳細・お申し込みは、「とやま移住旅行特設サイト」をご確認ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿