2017年11月9日木曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・井波塾(南砺市)2日目前半

10/28(土)とやま帰農塾・井波(いなみ)塾(南砺(なんと)市)は2日目を迎えました。
この日は井波地区を離れ、石川県との県境にある土山(どやま)地区へ。
ここでは、集落のみなさんで地区に伝わる文化や歴史を継承していこうと力をあわせて活動しています。
まずは、土山公民館から土山地区の山道を散策しながらいわなの養殖をしているいけすに向かいます。
山道は、どこかほっとする里山の風景が広がります。
道の途中、柿を分けていただきました。子どもに戻ったようにかぶりつきます。

おしゃべりを楽しみながら歩き進めていくと、ついにいけすにたどり着きました!
たくさんのいわなが泳いでいますが、いわなも逃げるのに必死。できるだけすばやく、網ですくい上げます。
だんだんコツをつかんで、すくい上げることができました。

その後、獲ったいわなをその場ですぐさばいていきます。

その後、再び山道を散策。
今度は干し柿発見!軒下に干し柿...里山の原風景といった趣です。

土山公民館に戻ったら、先ほどのいわなを炭焼きする準備にかかります。
まるで泳いでいるように、いわなを形作って串にさしていきます。お手本は見事な仕上がり!
塩のふり加減も大事です。塾生も早速トライ!
いい笑顔。上手にできました!
炭火で焼きあがるまでには1時間~1時間半かかります。
その間、地区のみなさんとお話したり、柿を食べたり、炭火で暖をとったり...まったりとした時間を過ごしました。
焼き上がりを見極める真剣なまなざしがかっこいいです。

じっくり待って焼きあがりました!
いい焼き色。
地元の食材をたっぷり使ったお料理も用意していただき、なんとも豪勢なお昼ごはんとなりました!(富山県定住コンシェルジュ一条)

とやま帰農塾・井波塾2日目後半

Facebookアルバムページ

0 件のコメント:

コメントを投稿