2017年9月26日火曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・国吉塾(高岡市)3日目

9/24(日)、とやま帰農塾・国吉(くによし)塾(高岡市)は最終日の3日目を迎えました。

最終日も体験メニューが盛りだくさん。
まずは藍染から!
講師の野田さんに藍染の仕方を教えてもらい、塾生もそれぞれ自分の好きなように模様を作っていきます。
板で挟んだり、糸で縫って絞ったり。
好きな模様に...とはいえ、出来上がりがどうなるかは最後までわかりません!そこが醍醐味。
模様作りが終わったら、染めの作業に入ります。
染料がしみこみやすくなるよう、水に浸します。
続いて染料に漬け込みます。しばらく放置。
 20分ほどしたら取り出して、水洗い。
 この時点では、緑色に染まっています。
 その後、発色液につけると...
 藍色に変わりました!
 さらに水洗いし、洗剤液で洗ってすすぎます。
 完成!!
みなさんそれぞれ、ユニークな作品が出来上がりました!!きれいな藍色が太陽の光に映えます。

Tシャツを干したら、りんご狩り体験へ。
途中そば畑の花が一面に咲いていました。
りんご農園に到着。赤々としたりんごがたわわに実っています!
代表の中島さん。富山県で一番大きなりんご園を管理しています。
現在日本でのりんご栽培は、富山県が最南端といわれているそう。
りんごの一大産地は、青森県や長野県。寒い地域が主です。
寒い地域に比べて、花を咲かせてから収穫までの期間が長いのが富山県のりんご栽培の特徴。
寒い地域では一気に熟すため、味が凝縮してカサッという食感が特徴。
それに対し、富山県のりんごはゆっくり熟し、水分を溜め込みます。切るときやかじった時、パシャッという食感があります。
「どちらがおいしいということではなく、それぞれのおいしさを味わってほしい」と話す中島さん。富山の気候に合わせた栽培方法を実践しています。

今回の体験では、今旬を迎えている「千秋(せんしゅう)」という品種を収穫しました。
大きくておしりが黄色くなっているものが食べごろろのこと。
みなさん目移りしながら、おいしそうなりんごを収穫しました。
大きくて真っ赤なりんごゲット!!

収穫を終え、最後のお昼ごはんの準備です。
2日目に作った押し寿司を切り分けます。
しめ鯖寿司にミョウガ寿司。彩きれいに出来上がりました!
一切れずつ切り分けて完成。
最後まで里山の恵みたっぷりのごはんで今塾は終了を迎えました。

国吉塾は、塾長の吉田さん率いる「悠遊会」が全面的にバックアップしてくださいました。
悠遊会は、「老後をいかに楽しく過ごすか」ということをテーマに、メンバーみなさんで様々な活動をしています。
メンバーそれぞれの得意分野で体験教室なども開き、地域や地域外の方との交流をしたり、共同農園で作物を育てたり。
また、移住してきた若い方たちをあたたかく迎え入れてくれています。

里山の恵みをたっぷり楽しみながら、知恵を伝え、若い世代との交流も図っている。
国吉の人々は、ひとつの大きな家族のように、みんなで楽しみ受け継いでいく形ができているんだな、と感じました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

とやま帰農塾・国吉塾1日目
とやま帰農塾・国吉塾2日目

Facebookアルバムページ

0 件のコメント:

コメントを投稿