2017年6月20日火曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・笹川塾(朝日町)2日目

6/17(土)とやま帰農塾・笹川塾(朝日町)2日目。

この日は朝から山道の整備と桜の植樹を行います。
朝日町の地域おこし協力隊の方々も合流してくださいました。

塾生は竹の伐採を任されました。若くて細めの竹を鎌で刈っていきます。
だいぶすっきりしました。

その後は、桜の植樹です。
5月に富山県で開催された「第68回全国植樹祭とやま2017」にて天皇皇后両陛下がお手植え、お手播きされた樹種の「コシノヒガン」と「ヤマザクラ」を記念に植えました。

塾生みなさんの名前も記念碑に刻みました。

山から下りて昼食をとった後は、魚さばきとしいたけの植菌を教えていただきました。
魚さばきを教えていただく鮮魚店の女将さん。

今回は、鯛、とびうお、アジ、甘エビ、バイ貝をご用意してくださいました。
まずは見本を。しかし手さばきの速さにとてもついていけませんでした…
女将さんの手にかかればあっという間に3枚おろしの完成です。
塾生のみなさんも女将さんに倣って魚さばきに挑戦。
みなさん戸惑いながらも上手にさばいていました。

さばいた魚はそれぞれ、お刺身やたたきにして交流会のごちそうになります。
 アジの刺身。女将さんが手際よく切っていきます。
とびうおはねぎ、みょうが、しょうがと合わせてたたきに。
きれいに盛り合わせて豪勢な一皿の完成です。

また、しいたけの植菌体験もさせてもらいました。
電気ドリルで穴を開けて、菌がついた種駒を植え付けていきます。
通常は4月頃植菌し、じめじめした日陰に置いておくと、早ければその年の秋には採れることもあるそうです。

お風呂の後は夕食です。先ほどさばいた魚のお刺身やたたき、山菜のお煮しめ、しし鍋、いわなの囲炉裏焼きなど、2日目の夜も山の幸、海の幸、川の幸がたくさん詰まった食卓となりました。
 囲炉裏で焼かれるいわな。川の源流で釣ってきていただいたものです。
ふっくらした身。とてもおいしくいただきました。

しし鍋。やわらかく滋味深い。


朝日町は、電気も食材も自給できる数少ない地域のひとつだそう。
食卓に並ぶ料理やみなさんの楽しそうな顔を見ていると、贅沢とはこんな暮らしなのではないかな、と感じました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

Facebookアルバムページ

とやま帰農塾・笹川塾(朝日町)1日目

0 件のコメント:

コメントを投稿