2017年4月21日金曜日

春を美しく奏でる 舟川べり春の四重奏(朝日町)

富山県にある桜の名所の中でも、ここでしか見られない壮大な景色を眺めることができるのが、朝日町舟川(ふなかわ)べりの桜並木です。

そこに広がるのは、朝日岳を背景に、桜、菜の花、チューリップが咲き誇る、「春の四重奏」と呼ばれる景色です。
訪れた日はまだ菜の花が咲き始めで三重奏といったところでしたが、それでもこの広大な自然が織り成す景色に心が洗われる思いでした。
この桜もチューリップも菜の花も、毎年多くの人々に楽しんでもらうため、地元の皆さんが大切に維持管理されています。

遠景の桜を楽しんだ後は、舟川べりで間近に迫る桜並木を満喫。
桜並木のトンネルの下では、電動バスの「EMU(エミュー)」に乗ってお花見を楽しむこともできます。
「EMU」は黒部市宇奈月(うなづき)温泉で一般社団法人「でんき宇奈月プロジェクト」が運行しているものを、お花見の時期に合わせて1台借りてきたそう。

桜の木の下で山を眺めながらピクニックを楽しむふたり。

あいの風とやま鉄道の泊駅から車で10分ほどのところに、まるで別世界に来たような雄大な景色が広がっています。
四重奏がタイミングよく見られるのはほんの数日だけ。
一度はぜひ見ていただきたい、富山県の誇る絶景スポットです。
(富山県定住コンシェルジュ一条)

0 件のコメント:

コメントを投稿