2017年4月13日木曜日

富山まち歩き 番外編 とやまの名水 石倉町の延命地蔵の水

桜が満開のいたち川べりを下っていくと、湧き水を汲む人の姿が見えてきました。
ここは、「石倉町の延命地蔵の水」と呼ばれ、万病に効くとして多くの人が水を汲みに訪れる場所となっています。

安政5年に起こった大地震の際、疫病が流行し多くの病人が出ましたが、いたち川に沈んだお地蔵さまを引きあげて供養しお祈りしたところ、苦しんでいた病人が快方に向かったということが由来になっています。

私が訪れた際にも、タンクやペットボトルを持った人々が次から次へと水を汲みに来ていました。
龍の口から湧き水。

近隣のお店では、この名水を使用したお酒やお団子などのご当地グルメを販売しているようです。
ぜひ一度、お立ち寄りください。(富山県定住コンシェルジュ一条)

0 件のコメント:

コメントを投稿