2015年12月28日月曜日

富山くらし・しごと支援センター年末年始休業案内

富山くらし・しごと支援センター各オフィスは下記の期間休業いたします。

[有楽町オフィス] 12/26(土)~1/4(月)

[白山オフィス] 12/28(月)~1/3(日)

[富山オフィス] 12/29(火)~1/4(月)
※12/29(火)は、\とやま再発見/Uターンカレッジ富山会場・高岡会場にてご相談を承ります。


期間中頂戴しましたお問合わせは、1/5(火)以降にお応えいたします。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

定住交流サイト「くらしたい国、富山」リニューアルのお知らせ

定住交流サイト「くらしたい国、富山」は、リニューアルのため、本日12/28をもって一旦休止しました。
※1月以降のとやま暮らし情報・イベント情報は下記をご参考ください。
JOINニッポン移住・交流ナビ富山県ページ
富山県定住コンシェルジュFacebookページ
全国移住ナビ富山県ページ

定住交流サイト休止期間中、富山県への移住・定住についてのお問合わせは、富山県観光・地域振興局 地方創生推進室へのお問合わせフォームをご利用ください。

新定住交流サイトでは「富山を好きになってもらう」をテーマに、よりみなさまに富山を身近に感じていただける内容を充実いたします。リニューアルオープンまで今しばらくお待ちくださいませ。

d school「わかりやすい『しめ縄』」

先日、富山県民会館内のD&DEPARTMENT TOYAMAで行われたd school「わかりやすい『しめ縄』」に参加しました。

富山県東部に位置する魚津市(うおづし)の里山でお米を作るひえばた園さんが講師。
稲わらはひえばた園さんの自然栽培米のもの。
飾りの植物も里山から分けてもらったもの。すべて自然素材で作ります。


紙垂(しで)の折り方やその意味、縄綯いの向きや飾りの植物に込められた思いなど、色々なことを教わりました。
初・縄綯いは、手の使い方が難しくて思うように進みません。それでも何とか形に。お好みの植物を飾って紙垂をつけて完成です。



しめ縄作りのあと、ひえばた園さんの田んぼの写真とともにお話を伺いました。


水の循環を大切に考えていること、魚津の地形の希少さ、米作りのこと、米の価格のこと…仲間が欲しいことも。
頑張っている若い農家さん、応援したいです。

ワークショップのあとに頂いた、ひえばた園さんのお米のおにぎりとぬか漬け、原木なめこが入った具沢山お味噌汁。とびきりのごちそうでした。(富山県定住コンシェルジュ竹内)

ひえばた園 ウェブサイト Facebookページ
D&DEPARTMENT TOYAMA ウェブサイト Facebookページ

2/13(土)~14(日)なんと移住体験ツアー 真冬の雪国編


南砺市(なんとし)山間部の利賀(とが)地域を中心に、豪雪地帯での雪との接し方や除雪作業、雪を活かしたイベントのスタッフを体験!
真冬の雪国の生活や暮らしの知恵、活き活きとした南砺の冬の暮らしに触れてみませんか。

※豪雪地帯での雪国体験につき、中学生以上で60歳までの健康に自信のある方が対象です。

[日時] 平成28年2月13日(土)~14日(日)1泊2日

[定員] 10人 先着順

[参加費] 大人 5,000円/中・高生 2,000円

[申込締切] 平成28年1月28日(木)

※詳細およびお申込み方法は、ツアーチラシ・参加申込書をご確認ください。

氷見市(ひみし)空き家情報バンクに新物件


氷見市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。(No.149)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

2015年12月25日金曜日

2/6(土)~7(日)、2/13(土)~14(日)越中雪かき道場2016

雪かきの知識、技術を学ぶための「越中雪かき道場」。
今シーズンは、1泊2日で初級コースと中級コースを開催します。
スコップやスノーダンプを用いた基礎的な除雪技術をはじめ、かんじき体験など、「雪かき」の技術と知識を楽しく学んでみませんか。

 平成28年2月6日(土)~7日(日)南砺市太美山地区
 平成28年2月13日(土)~14日(日)富山市八尾町大長谷地区

詳しくはチラシをご確認ください。

1/16(土)DODA転職フェア関西会場 富山県ブース出展


関西最大級の転職イベント。多数の企業人事担当者や現場社員からリアルな情報を聞くチャンスです。
富山県もブース出展し、富山県での就業や暮らしのご相談を承ります。※16日(土)のみ
入退場自由ですが事前登録いただくと、入場時間の短縮・出展企業からの面談希望メッセージ(経験による)などのメリットがあります。

[日時]
平成28年1月14日(木)~16日(土)14:00~21:00(16日は11:00~18:00)
※富山県のブース出展は16日(土)のみ

[会場] ハービスホール(大阪市北区梅田2丁目5-25)

詳細は特設サイトをご確認ください。

【UIターン事例紹介】阿保 政幸さん



おいしそうな瓶詰めがずらりと並ぶジャム工房えっちゅう風土
阿保政幸さんは、会社員と両立して奥さまとともに工房を運営しています。
北海道出身の阿保さんは富山県のことを全く知らずに移住し、今年で15年。富山に住み続ける理由と、ジャム作りについてお伺いしました。
阿保さんのインタビュー記事はこちら

2015年12月22日火曜日

氷見市(ひみし)空き家情報バンクに新物件


氷見市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。(No.148)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

南砺市(なんとし)空き家情報バンクに新物件


南砺市(なんとし)の空き家情報バンクに新物件が追加されました。
(No.68)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

1/17(日)JOIN移住・交流&地域おこしフェアに出展します


東京ビッグサイトに、全国各地の移住・交流促進に積極的な自治体・団体などが大集合!
富山県は7つの市町が参加し、地域PRや相談、地域おこし協力隊隊員募集を行います。

[日時] 平成28年1月17日(日)10:00~17:00

[会場] 東京ビッグサイト西4ホール

[富山県出展団体]
<移住・交流ブース>
「くらしたい国、富山」推進本部 富山くらし・しごと支援センター 富山市 射水市 氷見市 砺波市 小矢部市 南砺市 上市町
11:45~12:00 移住セミナー「北陸新幹線で約2時間!『くらしたい国、富山』の魅力って?」
<協力隊募集ブース>
氷見市 砺波市 南砺市
13:00~13:15 協力隊セミナー「富山県南砺市(なんとし)で地域おこし協力隊を募集中!」

詳細は、JOIN移住・交流&地域おこしフェア特設ページおよびチラシをご確認ください。

2015年12月21日月曜日

【2/12(金)締切】黒部市地域おこし協力隊隊員募集(移住・定住、交流促進 地域活性化)


黒部市は富山県北東部に位置する市。
秘境黒部峡谷と宇奈温泉、名水百選認定の黒部川扇状地湧水群、神秘の海富山湾などの大自然を背景に、YKK株式会社など多くの企業が立地するとともに、農業、漁業が盛んです。
また、2015年3月に北陸新幹線が金沢まで開通。黒部宇奈月温泉駅が設置され、東京まで2時間余りで結ばれました。

このたび、移住・定住や交流人口の拡大を図る活動や、地域住民と協力しながら地域活性化に向けた取り組みを行う、地域おこし協力隊を1名募集します。

[活動概要]
(1)移住・定住、交流促進
(2)地元(生地地区)団体の活動補助

[募集人数] 1名

[任用期間] 平成28年4月1日~平成29年3月31日(最長で平成31年3月31日まで延長の可能性あり)

[応募締切] 平成28年2月12日(金)17:00必着
※詳細は黒部市地域おこし協力隊募集ページをご確認ください。

2/27(土)~28(日)美味しい海と生きる、田舎しごと体感ツアー(石川~富山編)


いなかで暮らしたい。
そんな想いをもった時、真っ先に気になるのは、仕事のこと。
決められないのは「一つの会社に就職する」という都会的な働き方が念頭にあるからかも知れません。
しかしながら、田舎のしごとは、多種多様。ひとつに縛られない働き方をしている方も沢山います。
やったことがないから選べないなら、もったいない。ぜひ体験しにいらしてください。

富山県・石川県・京都府の一府二県が共同開催する、今までにない県の垣根を越えた現地ツアー第2弾です。

~~~日本海で育まれた食・伝統文化を体験!~~~
[催行日] 平成28年2月27日(土)~28日(日) 1泊2日
[集合] 2月27日(土) 13:15 金沢駅(石川県)
[解散] 2月28日(日) 17:30 金沢駅(石川県)15:30 新高岡駅(富山県)

[スケジュール]
<1日目> 石川 金沢
1 農業体験
  雪下大根の収穫体験
  地元のお母さん仕込みの大根寿し(発酵食品)体験
2 夕食・交流会
  Iターン者を囲んでジビエ料理を舌鼓
3 宿泊施設でたっぷり休む(創作の森)
<2日目> 富山 高岡
1 朝食前に、かんじきを履いて雪上散策(希望者のみ)
2 鋳物工芸体験
  型作りから始める本格的鋳物体験
3 ランチ

[参加費] 10,800円(宿泊費 現地交通費 体験料 夕1・朝1・昼1食 保険含)
[お申込み]
美味しい海と、生きる 田舎しごと体感ツアー特設サイトのフォームよりお申込みください。

2015年12月17日木曜日

d TALK「51%に学ぶ富山の新しい風景づくり」


先日、富山県民会館に入居しているD&DEPARTMENT TOYAMAで行われたd TALK「51%に学ぶ富山の新しい風景づくり」に参加しました。

51% 五割一分の角谷代表とナガオカケンメイさんが対談。
角谷さんが手がけた氷見のワイナリーSAYS FARMから個人のお宅、ネッツトヨタ富山本店まで様々な事例をお話くださいました。建物の設計だけではなく、お店の場合はパッケージや包装紙のデザイン、スタッフさんのユニフォームまで関わることもあるそう。(SAYS FARMのワインのラベルも)
また、新築にも関わらず「元は何だったんですか?」と聞かれることが度々というお話も。そう言われるくらい、その場所に馴染み、溶け込み、しかもすごく素敵なものづくりをなさっていることを知りました。


対談のあとは交流会。軽食とともにSAYS FARMのシードルが振る舞われました。

D&DEPARTMENT TOYAMAでは、d TALKのほかd SCHOOLという企画もされています。今年最後の週末には食のdschoolを開催。
12/26日(土)自然栽培でお米を作るひえばた園さんによるわかりやすい『しめ縄』」
12/27日(日)有畜循環型農業に取り組む(有)土遊野さんのわかりやすい里山のはなし
(各回定員10名)
富山で頑張る若い農家さんのワークショップ&お話とランチ、気になります。
(富山県定住コンシェルジュ竹内)

滑川市(なめりかわし)空き家情報バンクに新物件


滑川市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。
(郊外地域情報 B047)

2015年12月15日火曜日

魚津市(うおづし)空き家情報バンクに新物件



魚津市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。(No.50)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

氷見市(ひみし)空き家情報バンクに新物件


氷見市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。(No.147)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

1/9(土)生活情報満載!かみいち暮らし意見交換会


県都・富山市から電車・車で約25分の上市町(かみいちまち)は、豊かな自然に加え「仕事」「買い物」など生活に不可欠な環境が整う「便利な田舎」が特徴です。
このたび、上市町の住環境や生活環境を直接お伝えする相談会が開催されます。

[日時] 平成28年1月9日(土)17:30~20:00

[会場] ふるさと回帰支援センター(千代田区有楽町2-10-1東京交通会館5階)

詳細はチラシお申込みページをご確認ください。

2015年12月14日月曜日

1/30(土)TURNSカフェとやま


富山でビジネスを展開する企業が東京に集合し、富山で働く魅力を語り、交流できるイベントを実施いたします。富山で働きたい、富山で起業したいという方、是非ご参加ください!
第4回目の「TURNSカフェ とやま」のテーマは仕事。
地元に根ざしたビジネスを展開する企業と、富山県へのUIJターン希望者との交流をはかります。富山で働く魅力を知り、仕事発見のチャンスもあるこのイベントに、是非ご参加ください。

[日時] 平成28年1月30日(土)13:30~17:00
[会場] 第一プログレス コミュニティスペース(東京交通会館ビル9階)

詳細はTURNSカフェとやまのページをご確認ください。

朝日町(あさひまち)空き家情報バンクに新物件


朝日町の空き家情報バンクに新物件が追加されました。(No.6)

【参加レポート】移住体験ツアー「となみ古民家探検隊」


12/12(土)~13(日)の1泊2日、移住体験ツアー「となみ古民家探検隊」が催行されました。私が同行した12(土)は、北陸の冬では珍しい晴天の日。

まずは北陸コカ・コーラボトリング砺波工場へ。砺波市(となみし)は、全国に6つある「い・ろ・は・す」採水地のひとつです。その豊かでおいしい水を使用し、様々な飲料を製造しています。

続いて、かいにょ苑「旧金岡家」とチューリップ公園の「旧中島家」を見学。どちらも茅葺屋根の古民家です。富山で茅葺屋根と言えば、南砺市の五箇山合掌造り集落が代表的ですが、五箇山に比べ雪の少ない平野部にあるこちらの2軒の屋根はなだらかな斜面。天井や天井裏には、「カイニョ」と呼ばれる防風林の落ち葉や枝を燃料として蓄えていたそうです。

砺波郷土資料館はレトロな洋館。銀行だった建物を移築したもの。あちこちに細やかな細工が施されています。玄関の天井には、明治の鏝絵(こてえ)職人竹内源造の作品が。

チューリップ四季彩館は、砺波市の花・チューリップを1年中見ることができる世界で唯一の施設。様々な品種の花のほか、チューリップの品種改良の歴史や文化などを解説しています。

辺りが暗くなるころ、チューリップ公園へ。12/25まで行われるイルミネーション「KIRAKIRAミッション2015」を見学しました。日中は小春日和でしたが、やはり夜は肌寒く。そんな中でもファミリーやカップルがイルミネーションや軽食を楽しんでいました。

偶然、「旧中島家」を案内下さった学芸員の渡辺さんとバッタリ。実は東京都出身でご結婚をきっかけに砺波市へいらしたとのこと。
先輩移住者の実体験や砺波の暮らしの良いところ・戸惑ったことなどをお話下さいました。

Facebookページにアルバムを掲載しました。(富山県定住コンシェルジュ竹内)

2015年12月11日金曜日

1/10(日)とやま暮らし相談会 in 東京


「意外に近い!北陸新幹線で約2時間 とやまで暮らす魅力って?」

意外に近い富山の魅力を、高岡市、上市町、朝日町の定住担当者が熱く語ります。
とやま暮らし井戸端会議は、富山のお菓子をつまみながらの座談会。
定住担当者とじっくり話せるこの機会に「くらしたい国、富山」をちょっと覗いてみませんか。

[日時] 1月10日(日)11:30~14:30

[会場] ふるさと回帰支援センター

[タイムスケジュール]
11:30~14:30 個別相談会
11:40~13:10 暮らしセミナー
セミナー終了後 とやま暮らし井戸端会議~何でも聞いてみられ~

[参加自治体・団体]
富山県 高岡市 上市町 朝日町 富山くらし・しごと支援センター 富山県中古住宅流通促進協議会

詳細はチラシをご確認ください。

2015年12月10日木曜日

1/17(日)JOIN移住・交流&地域おこしフェアに出展します


東京ビッグサイトに、移住・交流促進に積極的な全国地方自治体などが大集合!地域おこし協力隊の隊員を募集している地方自治体も。今年度は北海道から沖縄まで約400団体が出展予定!
富山県は「くらしたい国、富山」推進本部、富山くらし・しごと支援センター、富山市、射水市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市、上市町が参加します。

[日時] 平成28年1月17日(日)10:00~17:00
[会場] 東京ビッグサイト西4ホール(東京都江東区有明3-11-1)

詳細は12月中旬ごろ「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」のページに掲載されます。

2015年12月9日水曜日

氷見市(ひみし)空き家情報バンクに新物件


氷見市の空き家情報バンクに新物件が登録されました。(No.146)
こちらの注意事項をご承諾の上、空き家情報をご覧ください。

1/24(日)とやま農林漁業就業支援フェア


富山県で農林漁業に就業を希望する方を対象に、とやま農林漁業就業支援フェアが開催されます。
とやま農業未来カレッジの学校紹介も行います。
入場無料、事前申込み不要、入退場自由です。

[日時] 平成28年1月24日(日)10:00~16:00

[会場] サンシップとやま 1F福祉ホール(富山市安住町5-21)

[開催内容]
・農林漁業法人等会社説明会
・就業のための個別相談
・就業情報の提供

詳細はチラシをご確認ください。

2/8(月)~26(金)林業就業支援講習


富山県農林水産公社が15日間の林業就業支援講習を開催します。
受講料は無料です。(食費や交通費などの参加費は自己負担)

[講習内容]
・林業就業に係る基本的な知識
・刈払機、チェーンソーの作業
・小型車両系建設機械運転操作
・実地講習(各種主要林業作業の体験)
・林業関係施設見学
・就業、生活相談
※この講習は必ずしも就業を保証するものではありません。

[受講対象年齢] 45歳未満(原則)

[申込み期限] 平成28年2月3日(水)

詳細は申込書をご確認ください。

2015年12月8日火曜日

【参加レポート】なんと移住体験ツアー 里の仕事編

12/5(土)~6(日)の1泊2日、なんと移住体験ツアー里の仕事編が催行されました。
私が同行した5日(土)は、南砺市(なんとし)で転入者採用事業主登録をされている2つの事業所を見学。


1件目は、丸米製菓。国産水稲もち米100%を丸粒のまま蒸して製餅し、あられ・かきもちを製造しています。調味料や副原料も厳選。


2件目は、かな和工業。建築資材や太陽光架台の製造・建築板金の施工を行っています。
現在建設中のクリエイタープラザ(仮称)の現場にも案内いただきました。

夕方からは、昨年のなんと移住体験ツアーに参加し、南砺市に移住なさった2組のご家族と合流。
そのうちの1組、今年度より南砺市地域おこし協力隊として活動を始めた井上さんに体験談をお話いただきました。
移住するきっかけから移住するまでの経緯、暮らしの中で良いこと、大変なことなどをきめ細やかにお話なさいました。

参加者のみなさんは、実際に見てまわることや井上さんの実体験をお聞きになって、南砺暮らしのイメージがつかめたのではないでしょうか。

このあとみなさんで夕食を囲み、南砺市や富山県のこと、食べ物や住宅や仕事のことなど話題が尽きませんでした。

Facebookページにアルバムを掲載しました。(富山県定住コンシェルジュ竹内)

2015年12月7日月曜日

氷見(ひみ)漁師の大漁鍋、大人気!


12/6(日)富山市中心部で2002年から続く定期市・越中大手市場が開催されました。
今年最後の市場では、氷見市(ひみし)地域おこし協力隊で魚の知識が豊富な左座さんと里山担当の澤田さんが氷見漁師の大漁鍋を用意。



定置網漁が盛んで魚種豊かな氷見。大漁鍋の中には馴染みのない名前の魚も入っています。
色んな魚介のうまみがたっぷり詰まった大漁鍋は、約100食あっという間に完売しました。

東京海洋大学大学院にも在籍する左座さんが、氷見に移住して一番驚いたのは、魚の美味しさだそうです。
食の質や豊かさは暮らす場所を考えるにあたって重要なポイントではないでしょうか。


1/7(木)から2月末まで、食都(しょくのみやこ)氷見のひとつを存分に体感できる「ひみぶりフェア」が開催されます。
期間中、市内36の宿泊施設・飲食店でキトキトの(富山弁で「新鮮な」の意味)ぶり料理をお楽しみいただけます。
(富山県定住コンシェルジュ竹内)