2013年3月27日水曜日

内山邸に行って来ました。

梅園茶会に行って来ました。
いろいろな種類の梅が咲き揃い、いい香りがしますラブラブ


お庭では点て出しのお抹茶席が設けられ、順番待ちがあるほど大盛況クラッカー

邸内を見学している方も大勢いらっしゃいましたあし

こちらは桜も見事なスポットですので、是非お立ち寄りくださいラブラブ!

定住促進担当職員等勉強会

定住促進担当職員等勉強会に参加しましたよビックリマーク
参加者は市町村の窓口担当者、NPOの受け入れ団体の方、定住促進やまちづくり、
シェアハウスの取り組みなどをしている有志の方など30名。

NPO法人地域交流センター津屋崎ブランチ代表 山口覚氏を
ファシリテーターにお迎えして実際の取り組みの話をうかがった後、
「ワールド・カフェ」という手法を使った話し合いを行いました。
リラックスした雰囲気の中、テーブルの上にはお菓子キャンディー
飲み物コーヒーも用意され、意見交換のはじまりですアップ

先生からのテーマはあったのですが、いざ話し合いが始まると、
「自分の所ではこうしている」「こういう取り組みはどうだろう」と意見が白熱メラメラ
テーブルの上の用紙にアイデアが書き込まれていくので、参考になります目

印象に残ったのが「シェアハウス」や「シェアオフィス」といった取り組みでした。
定住コンシェルジュからは「もっと横のつながりを密接にしたい」と
提案させていただきました合格

終了後は先生を囲んで懇親会割り箸
こちらでも話は尽きません。定住に関わる人はアツイチョキ


2013年3月22日金曜日

砺波市定住体験会~その2

定住体験2日目。雨模様なので予定をプチ変更です。

今日はチューリップからスタート♪ここチューリップ四季彩館は1年中、
花が咲いているスポットですよ~♪
お花に囲まれてはい!ポーズ(^^)

千光寺は昭和天皇が立ち寄られた由緒あるお寺。
砺波土蔵の会の尾田さんが由来を説明中。

お昼は砺波でも指折りの名家、入道家で「となみ野弁当」をいただきました。
家主の入道さんはとってもダンディーな方♪家屋は富山県指定有形文化財に認定されている貴重な建物です。

いよいよお宅訪問。駒村好香さんは、大きなアズマダチの家に住んでいて、砺波に来て1年。出会うことすべてを楽しみながら「砺波大好き」と話す作家さん。家の中は彼女の暮らしそのもの。センスのいい作品とインテリアがにあふれていました。


快適なモダンハウスに住んでいるのは松田さんご夫妻。
おふたりともUターンですが、砺波市の「散居村」という風景が無くならないように、
活用方法を考え中のお二人です。
「古民家を保育所のような取り組みにしてはどうだろう。人に借りてもらったらどうかしら」。
空き家対策に向けて意見が白熱していました。

今回の体験会で感じたこと…。
お友達の住んでいる「町」に出かけるのは、知らない土地に出かけるより
不安が軽減されるんですね。初対面同士は打ち解けるのに時間がかかる。
お友達がいるので、その分富山を楽しんでいらっしゃると思いました。
富山の第一印象の好感度が高くなるのかしら。
友達同士で移住・定住っていいかもしれませんね(^^)

砺波の伝統料理 卯月の会

食のもてなしは「卯月の会」のみなさん。
砺波の伝統的な料理をテーブルに並びましたよ
もともとは砺波市の「食生活改善推進員」のメンバー有志の方々が立ち上げられた会なので、
郷土の身近な材料で作った、シンプルなご馳走。野菜たっぷりです。



大変美味しゅうございました。

2013年3月18日月曜日

砺波市定住体験会~その1

砺波市定住体験会に参加しました。

今回の参加者はお友達の誘いで来県されたみなさん。
砺波市に移住されたMさんご夫妻の「遊びに来ない」の誘いでいらっしゃいました。
田舎暮らしを体感して、砺波のファンになってもらう体験会です!
散居村ミュージアムでお出迎えです。

ミュージアムには伝統館・情報館・民具館・交流館がありますが、代表的な家屋「アズマダチ」を生かし、2世帯・3世帯同居を可能にした新しい生活空間を提案した建物。みなさん、興味津々です。


続いては砺波の産業、チューリップ農家さん(権正寺営農組合さん)を見学です。


砺波の伝統家屋、空き家物件へ向かい、本日の見学は終了です。


温泉につかって、地元「卯月の会」の手料理に会話も弾みます。
今回は女性が多くて、賑やかな体験会。
定住された松ご夫妻や作家の駒村さんが、砺波の魅力をたくさん語ってくださいました!
夜も更けますが、話しはますます盛り上がっているようでした。



梅園でお茶会

豪農の館 内山邸 目

内山家は1521~1531年(大永・享禄)のころ、宮尾の地を新田開発してから
この地で450年続いた家柄で、越中一千石地主といわれた豪農です。ビックリマーク

富山藩の時代には歴代十村役(大庄屋)を勤め、地域の農業振興、文化の向上に努めたといわれ、現在の邸宅は、1868年(慶応4)に建てられたもので、瓦葦き切妻造りの木造一部二階建て。名石や庭木を配置した広大な庭園とともに、藩政時代の伝統的な豪農屋敷の構えを残しています。邸内には茶室が3カ所、内山家から寄贈された美術品、文学資料などを展示し、往事の農家の繁栄した生活ぶりがうかがえる場所です。 目

��月23日・24日に内山邸で梅園茶会がありますよ。桜
http://www.kenminkaikan.com/whatsnew/H25uchiyama-ume.pdf

入館料 200円(生徒児童・身体障害者 無料)、お茶券500円 桜餅

庭園にはおよそ60本の梅の花桜&篠笛の演奏会。音譜
春の1日、出かけてみませんか。車

魚市場食堂で食す!

キトキトの魚を食べに、氷見漁港波にやって来ました車

氷見魚市場の2Fの食堂食「海寳(かいおう)」さんラブラブ!


朝5時30分~昼3時迄、獲れたての旬の魚や海の幸が楽しめますにひひ


写真はお刺身(カマス・鰆・鰤・甘海老・水だこ・スルメ烏賊)、焼き魚(鰤)、かぶす汁、小鉢(自家製 烏賊の赤づくり)、ご飯、香の物がセットになった海宝定食1600円。盛りだくさんです!音譜


もっと素朴な食堂を期待していたので…ちょっと淋しい私しょぼん
カブス汁、美味しかったです!ご馳走様でした得意げ


魚市場もお昼時間で、仕事も一段落したのか、のんびりした感じでした合格
今度は朝いちばんで食べに来ようっとチョキ