2017年4月26日水曜日

日本で唯一の桜 入善乙女キクザクラ満開!(入善町)

昨日のブログに掲載しました、入善町(にゅうぜんまち)にある「杉沢の沢スギ」
ここでしか見られない桜があり、今が見頃ということで見に行ってきました。

林内を進むと…
手作りの案内が。
矢印をたどっていくと…
ありました!!

「入善乙女キクザクラ」
沢スギ内に自生し、日本でここにしかない貴重な桜です。
杉の林の中に1本だけ、きれいな花をつけていました。
街中で見る桜とは違い、凛と、静かにたたずんでいるよう。
美しい姿に、言葉が出ませんでした。

菊のように花びらをつけ、花びらの数は100枚以上。
菊咲き性の新品種で、開花後に花びらが白からピンクに変化する優美な様子からこの名前がつけられました。

奥に進むと、桜の花びらの道。上を見上げると、
ここにも桜が!
入善乙女キクザクラとは違う品種の桜が満開。
杉に守られるようにきれいな花をつけていました。

入善乙女キクザクラを守るため、地元の高校で増殖が行われています。
地元の方々の手で、貴重な自然が守られ、次の世代へ受け継がれていることを感じました。

帰り道、道路わきにはチューリップのじゅうたん。

立山連峰とチューリップ。まさに富山県ならではの景色!

春の富山でしか見られない景色を堪能しました。(富山県定住コンシェルジュ大村)

2017年4月25日火曜日

湧水に生きる自然 杉沢の沢スギ(入善町)

入善町(にゅうぜんまち)の水田風景が広がる海岸近くに、突如現れる林があります。
ここは、「杉沢の沢スギ」と呼ばれる杉林。
この杉林は、全国名水100選に選定された黒部川扇状地湧水群に群生しています。
全国でも湧水地に生育する自然林は珍しいとして、昭和48年8月4日に国の天然記念物に指定され、保護されています。
かつては45haほどあったといわれる沢スギ林ですが、圃場整備事業で多くが伐採されました。現存するのは、県の自然環境保全地区に指定されている約2.7haとなっています。

林内には遊歩道が整備され、無料で散策することができます。
進んでいくと、温暖な地域で見られるような植物もあれば、山地で見られる植物も生息していることに気がつきます。
これは、林の中が湧水や地下水の影響で冬でも暖かいため、温暖な地域の植物が育つ一方、黒部川の氾濫で山から流されてきた山地の植物もここに根を張っているからだそう。
なんとも不思議な光景。

そして、なんといってもこの湧水の美しさが目を引きます。

さらによく見ると、杉も不思議な姿をしています。1つの杉の根元から、いくつも分枝が伸びて上に成長しているように見えます。
これは、「伏条更新(ふくじょうこうしん)」といい、根元から伸びた枝が這うように横に成長し、地面に触れたところに新しく根を張って1本の木のように成長する沢スギの性質なのです。
枝が横に伸びやすいのは、雪の重みで垂れ下がるからだそう。
こんな自然の姿を見ていると、植物もみんな生きているんだなぁとしみじみ感じてしまいます。

林の中で聞こえてくるのは、湧水の流れる音や鳥の声。
幻想的な自然の姿を観察しながら、思いっきり深呼吸してマイナスイオンをたっぷり吸収してみてはいかがですか。(富山県定住コンシェルジュ一条)

2017年4月24日月曜日

井波地域の観光拠点「やえもんや」オープン!

南砺市井波(なんとしいなみ)地域は木彫で有名な地域。
石畳の趣のある街並みが続きます。

この地域に、22日(土)、観光拠点施設「やえもんや」がオープンしました。
平成26年に国登録有形文化財に登録された「齋賀家」住宅は、江戸時代末期に建てられたもの。
南砺市が寄付を受け、改修し、観光拠点として活用することになりました。
「やえもんや」は、齋賀家当主の名前である「彌右衛門」にちなんだもの。

住居内は、当時の趣を残しながらモダンな雰囲気です。

「やえもんや」には、現在2店舗が出店。
ひとつは、フェアトレードとグロサリーのお店「metio(メティーオ)」
店主は、元・富山県定住コンシェルジュの竹内さん。
素敵な笑顔でお出迎え。

「フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」のこと。」(Fairtrade Label Japanより引用)
国内外から買い付けたこだわりの商品がずらり!

「metio」は、中立公平な国際共通語のエスペラント語で「手仕事」という意味。
ひとつと同じものがなく、「手仕事」を感じられます。

素敵なアクセサリーに目を奪われてしまいました。

試着室は、なんと井戸があった場所を活用。

竹内さんこだわりの心も身体も元気になる商品を購入することができます。

もう一つは、着付け処・和小物・古布の「月や」
着物の着付け・レンタルができるお店。

かわいい髪飾りや小物がたくさん!
着物の種類も豊富。選ぶのも迷ってしまいます。
歴史ある井波の町並みを着物を着て歩くのも風情があります。

初日からたくさんの方が訪れていました。今後は宿泊スペースも設けるそう。
井波地域の観光拠点として、また、地域の方の交流拠点となる素敵な場所がうまれました。(富山県定住コンシェルジュ大村)

国登録有形文化財 齋賀家「やえもんや( 彌右衛門屋) 」
富山県南砺市井波3036

2017年4月21日金曜日

春を美しく奏でる 舟川べり春の四重奏(朝日町)

富山県にある桜の名所の中でも、ここでしか見られない壮大な景色を眺めることができるのが、朝日町舟川(ふなかわ)べりの桜並木です。

そこに広がるのは、朝日岳を背景に、桜、菜の花、チューリップが咲き誇る、「春の四重奏」と呼ばれる景色です。
訪れた日はまだ菜の花が咲き始めで三重奏といったところでしたが、それでもこの広大な自然が織り成す景色に心が洗われる思いでした。
この桜もチューリップも菜の花も、毎年多くの人々に楽しんでもらうため、地元の皆さんが大切に維持管理されています。

遠景の桜を楽しんだ後は、舟川べりで間近に迫る桜並木を満喫。
桜並木のトンネルの下では、電動バスの「EMU(エミュー)」に乗ってお花見を楽しむこともできます。
「EMU」は黒部市宇奈月(うなづき)温泉で一般社団法人「でんき宇奈月プロジェクト」が運行しているものを、お花見の時期に合わせて1台借りてきたそう。

桜の木の下で山を眺めながらピクニックを楽しむふたり。

あいの風とやま鉄道の泊駅から車で10分ほどのところに、まるで別世界に来たような雄大な景色が広がっています。
四重奏がタイミングよく見られるのはほんの数日だけ。
一度はぜひ見ていただきたい、富山県の誇る絶景スポットです。
(富山県定住コンシェルジュ一条)

2017年4月18日火曜日

まち歩きの達人・東川夫妻と歩く内川(射水市)

昨日、射水市(いみずし)内川のまち歩きイベントに参加してきました。
今回は、自他共に認める「まち歩きのプロ」として鹿児島県を中心に活動している、東川隆太郎さん・美和さんご夫妻を迎え、鹿児島県での活動についてご講演していただき、その後内川のまち歩きをご一緒する、という内容でした。
講演では、東川さん独自のまち歩きの楽しみ方を伝授していただきました。
どんなところでも、そこにある当たり前の日常風景こそが財産であり、そこに流れるストーリーを地域の人々に語ってもらうことで、新たな魅力として見出されるものがあるというお話。
そのように見出した風景や建物を、東川夫妻は「世間遺産」として認定しています。
とてもユニークなまちの見方を教えていただきました。

東川ご夫妻のお話を聞いたうえで、早速内川のまち歩きに繰り出します。

スタートは講演会場の「ma.ba.lab.(まばらぼ)」。今回イベントを企画した(株)ワールドリー・デザインと、(株)地域交流センター企画のシェアオフィス兼コミュニティースペースです。
元お米屋さんと漁師さんの町家をリノベーションして、昨年5月から稼動しています。
 サロンの入口から内川を望むこの路地も、町家の特徴である中庭も、特別な光景に思えてきます。

内川は「日本のベニス」と言われ、昔なつかしい港町の風情を残しています。

橋を渡って商店街や神社仏閣めぐりへ。
 東川夫妻がどこへ行っても必ず立ち寄るという「じーぱん」のお店…何かと思えば「地元パン」のことでした。
東新町商店会にある「パンのみなとや」では、昔ながらの揚げパンに参加者の皆さんも群がります。地元民の御用達のようです。

「中川大福堂」の草だんごは大人気で、いつも午前中には完売しているそう。この日はまち歩きの参加者で買い占めてしまいました。
みんなで草だんごをほおばる。

 「二口金物」は広い店内に所狭しと商品が並ぶ、なんでも屋さん。何日かけても回りきれなそうな、奥深さがあります。

 豆の量り売りをしている「あら井ストアー」。

昆布飴があと引くおいしさの「はまや」。皆さんに試食で昆布飴を配ってくれました。

神社やお寺では、地元の方々が歴史や言い伝えをお話してくださいました。
 狛犬がかわいい気比住吉社

専念寺の銅鐘は富山県内最古のものだそう。

お昼ごはんには、立派な蔵と納屋をリノベーションした「番屋カフェ」でお弁当を。
かりんとう饅頭まで付いて大満足です。
番屋カフェはランチメニュー等が楽しめるカフェスペースのほか、ギャラリーやコミュニティースペースとしての活用もされています。

最後に、鹿児島から来られた東川夫妻から内川のまち歩きの総括。
内川の地域の人々が、みんなこの地域に誇りと愛情を持って、それを伝えてくれたのが一番良かったというお話を聞き、私もうんうん、と頷いてしまいました。

歴史を今に伝える町並みに長く暮らす地域の人々と、歴史のある建物を再生し残そうと、新たな取り組みをしている人々が一緒になってつくりあげているまち。
なつかしさと新しさが融合し、これからの変化も楽しみなまちの様子を見ることができました。
(富山県定住コンシェルジュ一条)

2017年4月13日木曜日

富山まち歩き 番外編 とやまの名水 石倉町の延命地蔵の水

桜が満開のいたち川べりを下っていくと、湧き水を汲む人の姿が見えてきました。
ここは、「石倉町の延命地蔵の水」と呼ばれ、万病に効くとして多くの人が水を汲みに訪れる場所となっています。

安政5年に起こった大地震の際、疫病が流行し多くの病人が出ましたが、いたち川に沈んだお地蔵さまを引きあげて供養しお祈りしたところ、苦しんでいた病人が快方に向かったということが由来になっています。

私が訪れた際にも、タンクやペットボトルを持った人々が次から次へと水を汲みに来ていました。
龍の口から湧き水。

近隣のお店では、この名水を使用したお酒やお団子などのご当地グルメを販売しているようです。
ぜひ一度、お立ち寄りください。(富山県定住コンシェルジュ一条)