2017年12月8日金曜日

【参加レポート】イナコレ~知らなかったライフスタイル100通り~

12/2(土)、シティプラザ大阪にて「イナコレ~知らなかったライフスタイル100通り~」が開催されました。
いなか暮らしの魅力を「見る」「聞く」「話す」「知る」「読む」5つのアプローチでお届けする、新感覚のいなか暮らしイベント。

各ブース内で相談対応、座談会を行うので、気軽にお話できる空間に。初の試み!!

富山県ブースメンバーの写真も。
顔が分かると話もしやすい。写真の下には、富山県ブースで聞けることがぎっしり書かれています。

そして、富山県の模型が皆さんをお出迎え。
入り口のすぐそばにあったので、みなさん、気になっていらっしゃる様子でした。

ブース後ろには富山県内の地域の写真を展示。
「ここはどんな場所ですか?」「この景色すてきですね」と会話が始まり、お話もしやすい雰囲気に。富山県を見て知ってもらうきっかけになりました。

あわせて質問カードも!
「人」「地域」「仕事」「住まい」について私たちが答えたものが書かれています。気になるものを手に取り、ご質問いただきました。

開始と同時にブースに来場者の方が来てくださりました。
丸くなっていろいろ話しながらご相談を承りました。
(中央から右回りに富山県定住コンシェルジュ大村、黒部市地域おこし協力隊杉田晋一さん、有楽町オフィス仕事相談員細川)
暮らしのこと、仕事のこと、富山県の県民性、地域での暮らしなど来場された方は疑問がたくさん。
黒部市地域おこし協力隊の杉田さんは、大阪から黒部市に移住。地域の方と密接に関わりながら日々活動されていたり、移住者の視点で地域を見ていらっしゃいますので、具体的にイメージできるお話がたくさんあり、ご相談者さまも移住後の生活、とやま暮らしが具体化しやすかったです。

地域でのつながりについて、「田舎に行けば町内行事は必ず参加しないといけないのでしょうか。参加しないとペナルティのある地域もあると聞いたことがある」とお話くださった方がありました。杉田さんから「必ず参加しなければいけないということはないし、朝早くから近所の方が呼びにくるわけでもない。ペナルティはないし、参加できるときにするというスタンスで大丈夫。自分が収穫した野菜を持っていくとおかずになって返ってくるんです。地域の方は温かく関わってくれますよ。」とお話くださり、ほっとされた様子が印象的でした。
「いなか暮らし=地域のつながりが強い」というイメージがあると思います。地域行事、お祭りなど地域によってはイベントに参加する機会が多いところもありますが、杉田さんが話してくださったように「参加できる範囲でいい」というところが多いように思います。
ただ、日々の挨拶やコミュニケーションは必要だと思います。その中で関係ができ、困ったときに助けてもらえる人ができていくと暮らしやすくなっていくと感じています。

会場は広く、お子さま連れでもゆったりと回れる空間でした。
75組147名の方に来場いただきました。
アットホームな雰囲気で、気軽にいなか暮らしの情報を知れる機会となりました。
(富山県定住コンシェルジュ大村)

2017年11月30日木曜日

【タイムラプス立山連峰】富山に来てから冬が少し楽しみになりました

こんにちは。富山県定住コンシェルジュの一条です。

突然ですが、私は大の寒がりです。北風が突き刺さり、からからになる東京の冬。来るな来るな...早く終われ...とばかり思っていました。

しかしそんな冬に対する嫌悪感は、富山に来てからだいぶ変わりました。

北陸・富山の冬といえば、皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか。
雪が降り、凍える寒さ...家から出られない...そんなイメージが先行しそうですが、実はそんなこともないのです。

もちろん、雪は降ります。

私は2年半前に移住してきましたが、去年、一昨年と富山の人たちに言わせれば「全然降らなかった」そうです。
それでも、雪を見ることはほとんどなかった私からしてみれば、これだけ積もったら童心に返ったようにワクワクしてしまうのです。
そのワクワクもあってか、寒いという感じはあまりしません。

よく言われるのは、「寒さの質が違う」ということ。北陸の冬は、とにかく湿度が高いです。
そのせいで洗濯物の乾きが悪いのは覚悟しておかなければなりませんが、そのおかげで体感ではあまり寒く感じません。

先日は、化粧品会社ポーラが発表した「美肌県グランプリ」で富山県が見事1位に輝いたと話題になりました。
これもその"湿度"が関係しているといううわさ。湿度サマサマです。

とはいえ、かなりの寒がりな私。冬はやはり、怖いものです。
それでも、冬が待ち遠しい、とまで思えたのは、こんな景色があったから。
雪が降った次の晴れた朝。きらきらと輝く雪が見られるのは朝のうちだけ。
雪を冠した冬の立山連峰。まるでCGのように迫ってくるこの壮大な立山連峰は、空気の澄んだ冬の晴れた日だけの景色。

北陸の冬は、曇天ばかりで気持ちが暗くなりそう...そんなことも言われます。でもその分、晴れた日の美しさといったらたまりません。

寒さなんか気にせず、走り出したくなるような景色。これがあるから冬が来るのが楽しみになりました。

今年は、11月の半ばに平地でも雪が降るかもしれないという予報が出ました。しかし結局降らず、その後も天気予報では雪マークが出たり消えたり。
初雪はもう観測しましたが、積もるまで降るのはもう少し先のようです。

今日は富山の冬らしく曇天ですが、先日、スカッと晴れた晴天の日がありました。

そんな日、私はいつもオフィスから窓の外を何度も眺めてしまいます。
ずっと眺めていたいから、その日は夕焼けから日が暮れるまで、カメラをまわしっぱなしにして撮影してみました。

今日はその映像をみなさんにも見ていただきたくて(本当は実物を見ていただきたいのですが...!)、タイムラプス立山連峰と富山駅前の風景をお送りします。
ピンク色に輝く立山連峰から濃紺に変わる空の色にご注目ください。



2017年11月10日金曜日

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「農+食とやまのさとやま くらし・しごとツアー」2日目

2日目の朝は、あいにくの雨。
村上山荘にて山の幸たっぷりの朝食をいただき、白木峰へ。
案内くださったのは、川波さんと塚原さん。
とやま移住旅行の前の週に直撃した台風で道がふさがれていたのですが、今日のために通れるように手配してくださったとのこと。感謝でいっぱいです。

お二人の車に乗り込み、いざ白木峰へ。
白木峰登山口八合目のあたりまで上がり、景色を堪能。
 山々は紅葉に色づき、とてもきれい。
まるで雲の道。

下る途中、塚原さんが「キノコありましたよ」と一言。
車を降りてよくみてみると…なんと木の上の方にキノコが!
車を運転しながらもキノコに目が行くキノコ採り名人の塚原さん。
数年前はキノコがどっさり取れていたそうですが、今年は少なめ。
森の生態系の中で、多い年・少ない年があり、その中で山の恵みをいただいているということを実感。

白木峰散策のあとは、大長谷ハンターズジビエへ。
昨年11月に開業したばかりのジビエの解体・販売を行っている加工場。

代表の石黒木太郎さん。大長谷に生まれ育ち、数年前に東京からUターン。
大長谷でもイノシシなど超獣害被害が増えてきています。
この施設は、県内で4つ目の解体施設で、猟師が運営する施設としては県内初。
石黒さんの本業は瓦職人。冬には猟師として狩猟を行っていました。
「うちは自分でとったもの、自分が同行したときにとれたもののみを解体しています。大長谷でとれたもの、自分たちですべて行うことを販売価値としています。」
大長谷という土地にこだわり、生業としていらっしゃいます。

こちらの施設は、もともとは郵便局。
ご自身でリフォームし、作りあげたそう。それができたのも、瓦職人をやっていたからこそ。
開業して間もないですが、県内のレストラン、県外の方も買いに来てくださるほど。今年の猟期ももうすぐ始まりますが、すでに予約さえている方もいるとか。
解体の仕方次第で味が変わるので、石黒さんはとにかく丁寧に、徹底的に処理をし、美味しい肉を販売することを大切にされています。

大長谷を後にし、八尾町へ。
「越中おわら風の盆」で知られた情緒ある街並みを、3人の地域おこし協力隊の方々とめぐります。(左から藤田さん、高橋さん、高地さん)

私は、富山市やまだ村地域で活動されている藤田さんとご一緒しました。
山元食道」でランチをしながらご自身の移住の経緯、今の暮らしについてお話しくださいました。
「ここに来たのは偶然です。興味のある地域おこし協力隊の募集があったから。移住先を探していたとき、中山間地は考えていなかったので、今、ここで暮らしているのは驚きです。でも、ここでの暮らしは楽しいです。地域の方との関わりも良好ですし、仕事も楽しい。今関わっているリンゴ栽培は隊員任期後も続けていきたいと思っています。」
協力隊の活動の中で偶然であったリンゴ栽培に目覚めたそう。やまだ村での生活を楽しそうにお話くださいました。

「山元食道」の店主山本さんも同席くださいました。

こちらのお店は、明治期と昭和期のに建てられた物件。空き家になっていたものを活用したいと現在のお店を作られました。
山元さんの本職は塗装屋さん。お店の壁も地元の名産の八尾和紙と漆と漆喰を使い塗装。
落ち着いた内装。ところどころ和紙の質感が感じられます。
山元さんは八尾生まれ八尾育ち。「ご近所付き合いが苦手でなければ田舎暮らしは大丈夫。おわらをきっかけに移住した人もいますよ」と山元さん。

2日間のまとめを行うのは、「越中八尾ベースOYATSU」。
女将の原井紗友里さん。
数年前にUターンし、明治期の住宅を改装してゲストハウス兼カフェ「越中八尾ベースOYATSU」をオープン。

参加者からは、「移住は人とのご縁が大切だと感じた」「ジビエの加工所での話に感動した。ハンターに興味をもった」など感想がありました。中には、今回訪れ場所にもう一度足を運ぼうと思うという方も。
協力隊の方々からは、「移住したら地域の方に頼ることが大切」「移住の成功・失敗は気にせずにとりあえず動いてみたら良い」とご自身の経験から感じたことをお話しくださいました。
今回は、里山での暮らしを体感しました。自然に囲まれて暮らす、農畜産業に関わり、命と向き合いながら暮らす方々の話を聞き、「命をいただく」ということ、「自然とともに生きている」ということを実感できました。(富山県定住コンシェルジュ大村)

Facebookアルバムページ
【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「農+食とやまのさとやま くらし・しごとツアー」1日目

とやま移住旅行第3回目、4回目の開催は2月。
「富山は雪が多いの?」「冬の暮らしは想像できない」といった声を相談会で聞きます。この機会にぜひ冬の富山を体験してみませんか。
参加者募集中!詳細・お申し込みは、「とやま移住旅行特設サイト」をご確認ください。

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「農+食とやまのさとやま くらし・しごとツアー」1日目

10/28(土)・29(日)に「とやま移住旅行vol.2 とやまのさとやま くらし・しごとツアー」が催行されました。

今回は、富山市の里山で農畜産業されている方、生活されている方々をめぐります。
2日間の案内人の森田由樹子さん。
北海道出身で、12年前富山県へ移住されました。エコツアー会社「エコロの森」を立ち上げ、県内でのエコツアーを企画・運営されています。
今回訪れる2地域にはよく足を運ばれており、地域の方もよくご存じです。

まずは、大沢野地域にある農家「土遊野(どゆうの)」へ。
稲作、野菜作り、養鶏を行い、鶏糞を元に作った有機肥料で野菜や米を作る「有畜複合循環型農業」をしています。

土遊野のある土(ど)地域に着いてまず感動するのがこの景色!
富山市を一望。

土遊野の河上めぐみさんが案内くださいました。 
このあたり一帯の棚田を土遊野で請け負っています。
「この地域も過疎化し、田んぼを手放す方も多くなりなりました。棚田の自然を守るためにやれる限りは請け負いたい」と河上さん。

河上さんは、高校卒業後東京へ進学。実家の農業を継ぐためUターン。
農業に関わっていく中で先人の知恵に感動したそう。
田んぼに水を引くための水路。10km先から水を引いています。
春には地域の方が総出で「江ざらえ」をして水路に溜まった落ち葉などを掃除します。
「江ざらえに参加してこんなに大変なことをして田んぼをしていることに驚いたと同時に、高低差を利用し緻密に作られている水路に感動しました。100年という単位で作られてできたものを今も使って田んぼができていることに感動しました。」

鶏舎へ移動。
最初は50羽からスタートし、現在は1,500羽、数種類の鶏を育てています。
「平飼い」という小屋の中で自由に動ける状態で育てています。
えさは、クマザサやカヤ、土遊野の野菜作りの中でできた里山の恵みを発酵させて作ったもの。鶏たちがつついて土と糞を混ぜて土を作り、それが田畑へと返っていきます。

鶏の加工所へ。
鶏は1羽づつ絞めて食肉として加工しています。目の前で河上さんの旦那さんが鶏を絞めてくださいました。
自分たちが命をいただいて生きていることを実感した瞬間でした。

「最初は育てた鶏を絞めることに抵抗がありました。でも、私たちはたくさんの命をいただいて生きています。この子達の卵もいただいているのだから、大きく育った鶏たちも最後までおいしくいただいてあげたいと思い、今は「ありがとう」と思って命をいただいています。」
河上さんから命と向き合い、付き合っているからこその葛藤をお話くださいました。

昼食は、土遊野の野菜がたっぷりのカレー。お米は新米です。
付け合せも土遊野の野菜を使ったもの。

そして、玄米と一緒にいただく卵かけご飯!!
土遊野の卵の特徴は黄身の色が薄い黄色。
黄身の色からは考えられない卵のうまみがぎっしり詰まっています。しょうゆをかけるのがもったいないほど。

そして、先ほど絞めた鶏肉も。
しっかりとした歯ごたえと味わいに感動。命のありがたみをかみしめながらいただきました。
河上さんの旦那さんは、射水市で住宅関連のお仕事をされていて、結婚を機に土(ど)地域へ。
「こっちにきて感じたのは、暮らしていることが仕事ということ。四季を感じて暮らしていることが今までにない感覚です。」と里山での暮らしについてお話くださいました。

最近、廃業になった牛乳屋さんの販売も請け負うことに。その牛乳から作ったアイスクリーム。さっぱりとした甘みでおいしい!

昼食後は、野菜ソムリエの田中美弥さんも加わり、富山県の農業について対話。
田中さんは、大阪から結婚を機に富山県へ。ご自身が肉、生魚が嫌いで、家族のご飯作りをしている中で、「これでみんなの健康を守れるのか」と感じ、野菜ソムリエの資格を取得。県内で食に関するイベントを農家さんと一緒に開催されています。
富山県内で農業を営み、がんばっている若い方がいること、また、がんばっていてもうまくいかない現状など富山県の農業の実際についてお話をうかがうことができました。

土遊野を後にし、大長谷集落へ。
岐阜県との県境に位置し、50人ほどの方が暮らす限界集落。しかし、移住者の方が増えている地域でもあります。
地域の方を交えて交流。

川波さんは、30年ほど前に大長谷へ移住。平飼い養鶏を営んでいらっしゃいます。
移住直後はご苦労もたくさんされました。
「地方に移住するには、人とのコミュニケーションがとれないといけない。相手の立場に立ち、土地の歴史を考えながら地域の方と過ごし、関係を作っていくことが大事。中山間地は不動産屋さんはないので、その地域に足を運び、知り合いを作ることでどう暮らしていくかが分かっていくし、住居の情報も得られやすいですよ」と川波さん。
川波さんは、移住したいという方々の力になりたいと相談役として活動されています。

他にも、舞台女優の方、革職人、すし職人…とさまざまな職種の方々が移住されています。それぞれの移住にまつわるストーリーを伺いました。同時に、小学校への通学の大変さなど中山間地で生活する厳しい現実も包み隠さずお話くださいました。

夕食は、大長谷の山の幸が詰まったお料理がずらり。
大長谷にUターンし、イタリアンを提供している村上めぐみさんのお料理を始め、皆さんが腕を振るってくださいました。

具体的な生活や移住されたきっかけなど気になることを密に聞きながら、交流を深めていらっしゃいました。(富山県定住コンシェルジュ大村)

Facebookアルバムページ

2017年11月9日木曜日

【移住の先輩たち】滑川市・桶川高明さん


富山県移住定住促進サイト「くらしたい国、富山」に桶川 高明(おけがわたかあき)さん(空間デザイナー)のインタビューを掲載しました。

まちの賑わいを未来にも
滑川市出身の桶川高明さんは大学進学で京都府へ。建築士として独立後、お子さんを育てる環境を求めてUターン。コワーキングスペース&シェアオフィス「TRIO」を立ち上げ、滑川の活性化を目指しています。

【参加レポート】とやま帰農塾・井波塾(南砺市)2日目後半

とやま帰農塾・井波(いなみ)塾(南砺(なんと)市)は2日目も後半です。

豪勢なお昼ごはんを食べた後は、炭焼き体験へと向かいます。
土山(どやま)地区では、昔ながらの炭焼き方法を現代に受け継いで実践しています。
伐採した木をある程度乾燥させ、炭焼き窯に入れていきます。
火を焚き、炭化が完了したところでレンガとセメントで扉を作り、密閉状態にします。
それから10~15日ほど放置して、やっと出来上がった炭出しの作業に入ります。
木の伐採から炭が出来上がるまでには半月ほどかかるそう。根気の要る仕事です。
今回体験させてもらうのは、最後の炭出しの作業。
まずは、レンガを崩していきます。
中には完成した炭がたくさん!
これをひたすら取り出していきます。窯の中はまだほんのりとあたたかい。
ちょっとしたサウナ状態で、炭出しをしていると体力を消耗してしまいます...交代しながら炭出ししていきました。
すべて出し終わりました!
その後も作業は続きます。取り出した炭を長さをそろえてのこぎりで切っていきます。
炭の部分は、サクサクと癖になるような切り心地。塾生総出でたくさんの炭を切っていきました。
普段は、炭出しから切りそろえるまで、朝から作業して終わるのは夕方だといいます。
少人数でこんな作業をやっていくのは本当に大変なこと。それでも昔ながらの方法を残そうという思いの強さを感じました。

炭で黒くなった顔の汚れも温泉できれいに洗い流した後、この日の交流会では井波地区に移住した高橋夫妻と竹内さんにもご参加いただきました。
移住の経緯や今の暮らしなど、みなさん興味津々。
おいしいお料理をいただきながら、時間も忘れて楽しいお話で盛り上がりました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

とやま帰農塾・井波塾1日目
とやま帰農塾・井波塾2日目前半

Facebookアルバムページ